2018年8月30日
No. 7

NOTE

サフィレラ型カイアシ類の形態的特徴

サフィレラ型カイアシ類は、Clausiidae科に属するカイアシ類のうち、Hemicyclops属、Leptinogaster属、Conchylirus属、Taeniacathus属、Philoblenna属の各第1コペポディット期(C1期)で報告されている(参考記事「サフィレラ型カイアシ類、Hemicyclops属カイアシ類の採集と飼育」)。サフィレラ型カイアシ類の形態的特徴は伊東(2001)によって以下のようにまとめられている(Fig. 1)。

  • ・前体部が2節、後体部が3節(Fig. 1 A)
  • ・後体部第1節の後端に第3胸脚原基の刺毛と棘が1本ずつ(Fig. 1 B)
  • ・顎脚は4節、第3節に1本の長い刺毛、第4節に先端が4本にわかれた刺毛(Fig. 1 C)
サフィレラ型カイアシ類の形態
Fig. 1 サフィレラ型カイアシ類の形態

一般的なカイアシ類の体節はC4期までに成長しないと、後体部が3節にならないので、サフィレラ型カイアシ類は比較的はやい体節の分化ということになる。

サフィレラ型カイアシ類の特徴といえば、一般的な種と違って頭部が三角形だということである。Hemicyclops japonicusの場合、鋭角な三角形になっており、他のサフィレラ型カイアシ類の種と比べて長細くなっている(Fig. 2)。したがって、H. japonicusは、外形から同定が可能である。

H. japonicusとH.gomsoensisの形態の違い. H. japonicusはごうぎしげる様より許可を得て転載 (https://pic.twitter.com/CHxRpfOYEC).
Fig. 2 H. japonicusH.gomsoensisの形態の違い. H. japonicusはごうぎしげる様より許可を得て転載 (https://pic.twitter.com/CHxRpfOYEC).

サフィレラ型カイアシ類はClausiidae科の数属で見られる特徴的な形態の種で、水柱に浮遊するC1期のみである(参考記事「分類混乱を引き起こした「サフィレラ型カイアシ類」」)。カイアシ類の同定に慣れてくると、一目で分かってしまうほどの特徴さと言える。

文   献

伊東 宏 (2001) 東京湾および多摩川感潮域のサフィレラ型カイアシ類. 月刊海洋 26: 181-188.

Itoh H, Nishida S (1995) Copepodid Stages of Hemicyclops japonicus Itoh and Nishida (Poecilostomatoida: Clausidiidae) Reared in the Laboratory. J. Crustacean Biol. 15: 134-155.