2018年4月6日
No. 2

NOTE

ヒジキムシ(ペンネラPennella sp.)の生活史

ヒジキムシとはカイアシ類の一種で寄生性を示す。クジラ類やイルカ類、マアジ、カジキマグロ、トビウオ、アブラソコムツなどといった幅広い種の海棲哺乳類や魚類に寄生する。一見、カイアシ類とは思えない形態をしている。(参考記事:「サンマヒジキムシ (Pennella sp.) にカイアシ類の要素はあるのか」

ヒジキムシの一連の生活史をFig.1に図示した。卵から孵化したヒジキムシは、ノープリウス2期を経てコペポディット期になる(Wilson 1917)。一般的なカイアシ類ではノープリウス期は6期あり、ヒジキムシの場合は短縮しているということになる。この短縮は寄生性カイアシ類でよく見られる。ノープリウス期とコペポディット期は浮遊性で、コペポディット1期の間に寄生する宿主を探すようになる。宿主は報告されているもので、カレイ類(Kabata 1979)と頭足類(イカやタコなど)とくマツイカ属イカ類(Pascual etal 1996)である。マツイカにおけるヒジキムシの寄生率は30%~100%で、高確率で寄生されている(Pascual etal 2001)。マツイカ1個体に800個体以上のヒジキムシに寄生されることがある。この宿主に寄生している間はカリムス期に移行しており、頭部に特徴的なフィラメントがある。

ヒジキムシの生活史
Fig. 1 ヒジキムシの生活史

カリムス期とはヒジキムシが属するシフォノストム目カイアシ類で特有のステージである。ヒジキムシを含め、多くの場合、コペポディット期のときに宿主へ寄生するときは鉤爪状の第二触角で取り付くが、カリムス期の間は、このフィラメントで付着している。カリムス期は4期あり、一般的なカイアシ類の成長段階のコペポディット2期~5期に相当する。

ヒジキムシがカリムス4期になると宿主上で雄と交尾して浮遊する(Anstensrud 1990)。最終脱皮(final molting)を経て成体になり、海棲哺乳類や魚類に寄生する(Wilson 1917)。そして、ヒジキムシの独特な形態に変態し、産卵後に生涯を終える。

文   献

Anstensrud M (1990) Mating strategies of two parasitic copepods Lernaeocara branchialis (L.)(Pennellidae) and Lepeophtheirus pectoralis (Muller) (Caligidae) on flounder: polygamy, sex-specific age at maturity and sex ratio. J. Exp. Mar. Biol. Ecol. 136: 141-158.

Arroyo NL, Abaunza P, Preciado I, Preciado AP (2002) The First Naupliar Stage of Pennella balaenopterae Koren and Danielssen, 1877 (Copepoda: Siphonostomatoida, Pennellidae). Sarsia North Atlantic Mar. Sci. 87: 333-337.

CastroRomero R, Kuroki HB (1986) Pre-metamorphosis stages of two pennellids (Copepoda, Siphonostomatoida) from their definitive hosts. Crustaceana 50: 166-175.

Kabata Z (1979) Parasitic copepoda of british fish. Royal Society, London, England. 468 pp.

Ismail N, Ohtsuka S, Maran BAV, (2013) Complete life cycle of a pennellid Peniculus minuticaudae Shiino, 1956 (Copepoda: Siphonostomatoida) infecting cultured threadsail filefish, Stephanolepis cirrhifer. Parasite 20: 42.

Pascual S, Gestal C, Estévez J, Rodrígues H, Soto M, Abollo E, Arias C (1996) Parasites in commercially - exploired cephalopods (Mollusca, Cephalopoda) in Spain: an updated parspective. Aquacluture 142: 1-10.

Pascual S, Gonzalez AF, Gestal C, Abollo E, Guerra A (2001) Epidemiology of Pennella sp. (Crustacea: Copepoda) in exploited Illex coindetii stock in the NE Atlantic. Sci. Mar. 65: 307-312.

Thomson MT (1905) Immature specimens of Penella filosa. Biol. Bull. 8: 296-307.

Wilson CB (1917) North American parasitic copepods belonging to the family Lernaeidae with a revision of the entire family. Proc. U.S. Natl. Mus. 53: 1-150.